宮城のニュース

<特殊詐欺>宝くじ6億円当選?412万円被害

 宮城県泉署は24日、特殊詐欺で仙台市泉区の会社員男性(56)が現金412万円をだまし取られたと発表した。同署によると、6月15日に男性の携帯電話に「宝くじ6億円が当選した」とのメールが届いた。その後、男性は7月4日までの間、宝くじ運営法人の職員を名乗る男の指示に従い、一時金や保証金名目で電子マネーを8回購入し、男に電子マネーのカード番号を撮影した画像をメールで送信し、電子マネーを使われた。


関連ページ: 宮城 社会

2016年08月25日木曜日


先頭に戻る