宮城のニュース

<仙フィル>岩沼4中学の吹奏楽部員と共演

本番に向け練習に熱を入れる吹奏楽部員ら=岩沼市玉浦中体育館

 仙台フィルハーモニー管弦楽団が岩沼市民会館で27日に開く「マイタウンコンサートin岩沼」に、岩沼、岩沼北、玉浦、岩沼西の市内全4中学校の吹奏楽部員約40人が出演することになった。仙台フィルがマイタウンコンサートで地元の子どもたちと共演するのは初めて。生徒たちは熱心に練習を繰り返している。

 本番5日前の22日、出演する4校の生徒と仙台西高生の計約50人が合同練習のため玉浦中に集まった。講師役は仙台フィルのプロ奏者7人。楽器ごとに基礎を習い、本番で演奏する「吹奏楽のための狂詩曲『ノヴェナ』」を練習した。
 全体練習には、国内外で活躍し当日出演する東京佼成ウインドオーケストラのコンサートマスター田中靖人さん(52)も参加。ノヴェナを通して演奏し、この日の練習を締めくくった。
 岩沼中3年の大友菜々子さん(14)は「田中さんと演奏できるのは感動的。本番まで一生懸命練習するので、音楽にあまり興味のない方も聞きに来てほしい」と話した。
 マイタウンコンサートは県民に気軽にクラシック音楽を聴いてもらおうと、仙台フィルが1993年に始めた。地元の子どもたちの出演でよりクラシックを身近に感じてもらおうと、今回から中高生との共演を決めた。
 午後2時半開演。翌28日には、栗原市でも地元中高生と共演するマイタウンコンサートを開く。連絡先は仙台フィルサービス022(225)3934。


関連ページ: 宮城 社会

2016年08月25日木曜日


先頭に戻る