宮城のニュース

<作並駅>開業85周年記念イベント開催へ

 JR仙山線作並駅(仙台市青葉区)で28日、駅開業85周年を祝う「作並駅感謝祭」(作並温泉旅館組合主催)が開かれる。
 仙山線鉄道施設群の一つとして土木学会の選奨土木遺産に認定されている転車台の見学会や、保線用の小型車「レールスター」の乗車会を実施。郷土芸能「西部広陵太鼓」の演奏、芋煮や餅の振る舞いもある。
 作並駅は1931年8月に陸前白沢、熊ケ根の両駅と同時に開業し、仙台−作並間を結んだ。37年、面白山トンネルを挟む作並−山寺間開通で宮城、山形両県の全線がつながった。
 午前11時〜午後2時。転車台見学会は午後1時と1時半の2回。当日は作並温泉の観光交流施設「作並湯の駅ラサンタ」で午前10時から、山形県最上地方の農産物を販売する物産市(作並振興協会主催)もある。
 連絡先は作並温泉旅館組合022(395)2211、ラサンタ022(391)4126。


関連ページ: 宮城 社会

2016年08月25日木曜日


先頭に戻る