宮城のニュース

仙台で運転手刺され死亡 殺人未遂容疑で逮捕

佐々木さんが兼平容疑者に腹などを刺された駐車場。右奥が2人の宿舎=25日午前6時ごろ、仙台市宮城野区仙台港北2丁目

 仙台東署は24日、知人のトラック運転手の男性を殺害しようとしたとして、殺人未遂の疑いで、仙台市宮城野区仙台港北2丁目、トラック運転手兼平節夫容疑者(53)を現行犯逮捕した。男性は搬送先の病院で死亡が確認され、同署は殺人容疑に切り替え、動機などを調べる。
 逮捕容疑は24日午後9時50分ごろ、同区の勤務先の運送会社駐車場で、関連会社のトラック運転手佐々木均さん(56)=宮城野区仙台港北2丁目=の腹や胸を包丁で刺した疑い。同署によると「佐々木さんの言葉遣いが悪く、けんかになった。刺したのは間違いないが、殺すつもりはなかった」と容疑を否認している。
 佐々木さんは同日午後11時半ごろ、病院で死亡が確認され、死因は大量出血による失血死。2人は同系列の運送会社に勤務し、会社が敷地内に設けた同じ宿舎で生活していた。包丁は兼平容疑者が自室から持ち出したものとみられる。同署は2人にトラブルがあったとみて調べている。
 現場近くの工場に10年以上勤務する男性(66)は「周辺でトラブルは聞いたことがなく、事件と聞いて驚いた」と話した。
 現場はJR中野栄駅から東に約1.6キロの仙台港背後地。


関連ページ: 宮城 社会

2016年08月25日木曜日


先頭に戻る