宮城のニュース

カッコよくて力持ち!カブトムシの力士熱戦

カブトムシを応援する子どもたち

 カブトムシの強さを競う相撲大会が24日、宮城県柴田町の柴田小であり、子どもたちが元気な声で応援した。
 児童約50人が参加。柴田ロータリークラブ(RC)が用意したカブトムシ100匹の中からお気に入りを選び、丸太で作った土俵で戦わせた。取組中にカブトムシが空中に飛ぶハプニングもあった。
 6年の村上奨君(12)は「あまりカブトムシに触れる機会がないので楽しかった」と話した。
 大会は、柴田RCが虫に親しんでもらおうと企画し、3回目。大会後、カブトムシは子どもが自宅に持ち帰ったり、森に放したりした。


関連ページ: 宮城 社会

2016年08月26日金曜日


先頭に戻る