宮城のニュース

<仙台運転手死亡>模造刀突き付けられ刺した

 仙台東署は24日、知人のトラック運転手の男性を殺害しようとしたとして、殺人未遂の疑いで、仙台市宮城野区仙台港北2丁目、トラック運転手兼平節夫容疑者(53)を現行犯逮捕した。男性は間もなく死亡し、同署は殺人容疑に切り替えて調べている。
 逮捕容疑は24日午後9時50分ごろ、同区の勤務先の運送会社駐車場で、関連会社の佐々木均さん(56)=宮城野区仙台港北2丁目=の腹や胸を包丁で刺した疑い。同署によると「(佐々木さんに)模造刀を突き付けられ、頭にきて刺した。殺すつもりはなかった」と容疑を否認している。
 佐々木さんは同日午後11時半ごろ、病院で死亡が確認された。司法解剖の結果、死因は失血死だった。
 同署や運送会社などによると、2人は同じ系列の運送会社に勤務し、会社が敷地内に設けた宿舎で3年前から生活していた。佐々木さんが24日夜、模造刀を持って兼平容疑者の部屋を訪ねたことから口論となったという。
 容疑者は会社の駐車場で、部屋から持ち出した包丁で刺したとみられる。同署は2人の間にトラブルがあったとみている。
 容疑者が勤務する運送会社(八戸市)の男性役員は「事件を起こすような人物ではないと聞いている。事実関係を把握し、再発防止に努める」と話した。
 現場はJR仙石線中野栄駅から東に約1.6キロの仙台港背後地。


関連ページ: 宮城 社会

2016年08月26日金曜日


先頭に戻る