宮城のニュース

花咲く町に 種まき前に石拾い

岩を取り除く参加者

 栗原市花山の山林で20日、秋に実施する花の種まきに向けた岩の除去作業があった。「花山地区を花でいっぱいの山あいにしよう」を合言葉に、住民やボランティア約60人が作業に没頭した。
 同地区の花山湖に架かる座主橋沿いの約580平方メートルで実施。参加者は汗を拭いながら、くわで大きな岩を掘り起こしたり手で石を取り除いたりした。
 9月には住民らを集め、来春に花が咲くキカラシなどの種6キロをまく。同地区の古川工業高3年狩野滉(ひろし)さん(18)は「花を見に地域外からたくさんの人が足を運んでくれるスポットになればうれしい」と話した。


関連ページ: 宮城 社会

2016年08月27日土曜日


先頭に戻る