宮城のニュース

<楽天>金刃 連続無失点17試合で止まる

 東北楽天の金刃憲人が約2カ月ぶりに失点した。4−4の八回、先頭柳田悠岐の右中間二塁打から1死三塁を背負う。長谷川勇也(山形・酒田南高−専大出)にはフルカウントから外角低めへの直球を投げ切ったが、前進守備の遊撃右を破られた。「四球でもいいとは言われていたが、自分の責任で勝負にいった」と結果を受け止めた。
 6月28日から17試合無失点だったが、ついに失点を許した。「残り試合でまた(無失点を)続けたい。とにかくチームが勝って良かった」。直後の逆転劇を見届け、左腕は少しほっとした様子で球場を後にした。


2016年08月26日金曜日


先頭に戻る