宮城のニュース

<ベガルタ>石川直 3試合ぶり先発へ

鋭い動きで相手のパスを防ぐ石川直(手前)

 連敗を避けたい仙台に、頼れる男が戻ってくる。6日の鹿島戦で右太ももを負傷した石川直が、3試合ぶりに定位置の左サイドバックで先発する見込みだ。「(患部に)違和感はない。離脱して迷惑を掛けてしまった分を、広島戦で取り戻したい」と力強く話した。
 全体練習に本格復帰したのは20日の大宮戦後。25日の紅白戦では早速、持ち前の球際の強さを発揮し、安定感ある守備を見せた。「試合勘は鈍っていない。試合でいいパフォーマンスを見せられるはずだ」と眼光を鋭くして語る。
 「ボールを握り、攻撃する形ができている」と戦術が浸透してきたチームに手応えをつかんでいる。広島には4月、0−3と完敗しているだけに、「自分たちの成長を示すチャンス」と心待ちにする。「カウンターに注意して、前回のリベンジを果たす」と力強い。
 前方の左サイドハーフは、負傷中の梁勇基ではなく、藤村が入りそうだ。「とにかく走ってくれる選手。梁さんとは違う良さを、攻守に出してくれるはずだ」と頼もしそうに語った。
 「周囲から格が上と見られている広島を倒すことで、仙台の価値が上がる」と意気込む。ホームで迎える復帰戦で、上位進出の足掛かりとなる貴重な白星をもたらす。(狭間優作)


2016年08月27日土曜日


先頭に戻る