宮城のニュース

<楽天>逆転勝ち 借金1桁に

5勝目を挙げた東北楽天3番手のミコライオ=コボスタ宮城

 東北楽天は逆転勝ちで、借金を7月2日以来となる1桁の9に減らした。3−3の八回1死、ペゲーロの右越えソロで勝ち越した。先発安楽は七回途中3失点の粘投。八回を投げたミコライオが5勝目。九回を松井裕が無失点でしのぎ27セーブ目を挙げた。
 オリックスは先発金子が7回3失点と踏ん張ったが、継投が裏目に出て3連敗。

 東北楽天−オリックス18回戦(楽天9勝8敗1分け、18時1分、楽天Koboスタジアム宮城、20,956人)
オリックス100110000=3
東北楽天 01001011×=4
(勝)ミコライオ36試合5勝1敗
(S)松井裕50試合1勝3敗27S
(敗)海田35試合2敗
(本)アマダー6号(1)(金子)=2回、ボグセビック3号(1)(安楽)=4回、ペゲーロ2号(1)(海田)=8回

☆イヌワシろっかーるーむ

 <安楽智大投手(先発して七回途中3失点で降板)>
 「球が低めにいかなかった。(四回のボグセビックのソロは)ボールも弱かったし、外国人への初球は高さ、コースをもっと気を付けるべきだった。次はイニングを投げ切って降板できるようにしたい」

 <島内宏明外野手(五回1死三塁で1点差に迫る右前打を放つ)>
 「強い打球を心掛けて打席に入った。打球の抜けたコースが良かった」


2016年08月27日土曜日


先頭に戻る