岩手のニュース

保護された猫元気です 写真展あすまで

カフェで元気に暮らす猫を撮影した写真が並ぶ

 捨てられたり飼えなくなったりした猫の里親を探す猫カフェを運営する盛岡市のNPO法人「もりねこ」と市保健所が、保護された猫の元気な姿を知ってもらおうと、同市のクロステラス盛岡で写真展を開催している。28日まで。
 カフェで寝そべる愛らしい姿を切り取った日常風景や、里親の下で元気に暮らす様子を撮影した約100枚を展示。盛岡市の犬、猫の殺処分状況を説明するパネルも設けた。
 カフェは2014年オープン。市保健所から預かったり、持ち込まれたりした猫の里親を募る。これまで約200匹の里親が見つかった。市保健所が15年度に一時保護した猫は108匹で、引き取り手が見つからない64匹が殺処分された。
 もりねこの工藤幸枝代表(30)は「不健康でなつかないと思われている捨て猫の印象を変え、ペット店ではなく保護施設から猫を迎えるのが当たり前の社会にしたい」と話した。
 入場無料。午前10時〜午後8時。28日は午後5時までで、猫の飼育方法に関する相談会がある。


関連ページ: 岩手 社会

2016年08月27日土曜日


先頭に戻る