秋田のニュース

<大曲の花火>夜空に「歓喜」満開

夏の夜空をカンバスに全国の花火師たちが技を競った=27日午後8時10分ごろ、大仙市の雄物川河川敷

 第90回全国花火競技大会(大曲の花火)が27日、秋田県大仙市の雄物川河川敷で開かれた。東北の8社を含む28業者が花火の技術を競い、光と音の芸術が約74万人(主催者発表)の観客を魅了した。
 今年のテーマは「行雲流水 礎と創」。各業者は計約1万8000発を打ち上げた。フィナーレを飾る大会提供花火のテーマは「歓喜」。節目の90回にちなみ、ベートーベンの交響曲第9番「歓喜の歌」が流れる中、平和を祈念した約2400発が打ち上げられた。
 全国で唯一の昼花火や、伝統の丸い形の芯入割物(わりもの)花火、色彩や構成の斬新さを競う創造花火などの部門もあった。
 会場には東日本大震災の被災者ら約210人が招待された。


関連ページ: 秋田 社会

2016年08月28日日曜日


先頭に戻る