宮城のニュース

<張本卓球場>愛ちゃん登場! 新星と始球式

張本卓球場の開設式に出席し、始球式で張本選手(右)とダブルスを組む福原選手

 リオデジャネイロ五輪の卓球女子団体で銅メダルを獲得した仙台市出身の福原愛選手(27)=ANA=が28日、同市宮城野区であった卓球場の開設式にサプライズで登場した。
 訪れたのは卓球男子で活躍する同市出身の張本智和選手(13)=エリートアカデミー=の両親が建てた「張本卓球場」。福原選手が子どもの頃に所属した卓球クラブ「仙台ジュニアクラブ」の新練習場で、事前告知なしで来賓出席した。
 フォーマルな装いで福原選手がにこやかに登場すると、幼児から中学生まで約20人の後輩から「愛ちゃん」と歓声が上がった。
 始球式では張本選手とダブルスを組み、軽やかなラケットさばきを披露。後輩や式典に集まった関係者と記念撮影などで交流した。
 2020年東京五輪に向けた期待の若手として注目される張本選手は「リオ五輪でメダルを取ったすごい先輩。自分も続けるように頑張りたい」と刺激を受けていた。


関連ページ: 宮城 スポーツ

2016年08月29日月曜日


先頭に戻る