宮城のニュース

<楽天>4連勝また逃す

4回途中でマウンドを降りる東北楽天先発の辛島

 東北楽天は大敗し、連勝が3で止まった。自力でのクライマックスシリーズ進出の可能性が再び消えた。先発辛島航が3回2/3を投げ、10安打5失点と誤算だった。2点差に迫った五回には青山浩二が4点を失った。打線は四回にアマダーが3ラン、七回はペゲーロがソロを放ったが空砲に終わった。
 オリックスは先発全員の19安打と打線がつながり、連敗を4で止めた。

 東北楽天−オリックス20回戦(東北楽天10勝9敗1分け、16時、楽天Koboスタジアム宮城、27,150人)
オリックス041040004=13
東北楽天 000300100=4
(勝)山崎福16試合3勝2敗
(敗)辛島9試合1勝5敗
(本)アマダー9号(3)(山崎福)=4回、安達1号(2)(青山)=5回、ペゲーロ4号(1)(山崎福)=7回

☆梨田の話ダ
<次はぴちっとして>
 「(フォームの)バランスが悪く、ボールを操れず、立ち直る兆しもなかった。(敗戦は)辛島の責任が大きい。次はぴちっとやってもらいたい」(四回途中で降板した先発辛島に)


2016年08月29日月曜日


先頭に戻る