岩手のニュース

初物サンマ 脂のり美味

漁が始まったばかりのサンマが無料で振る舞われた

 岩手県大船渡市赤崎町の蛸ノ浦漁港で28日、漁が今月解禁されたばかりのサンマを無料で振る舞うイベントが開かれた。「初物」を目当てに多くの人でにぎわった。
 水産会社「鎌田水産」、契約会など地元の関係者でつくる「未来蛸ノ浦実行委員会」が、東日本大震災後の支援への恩返しや地域活性化を目指して主催した。
 鎌田水産の船がロシア海域で漁獲し、28日未明に水揚げしたサンマを、地元住民らが炭火で焼いた。予定していた6000匹では足りず、急きょ約1000匹を追加した。
 北上市から訪れた農業八重樫良一さん(65)は「脂身があっておいしかった。サンマは好きなので、いくらかでも値段が下がってくれたらいい」と話した。
 このほか、ホタテやウニなどの海産物も販売された。


関連ページ: 岩手 社会

2016年08月29日月曜日


先頭に戻る