広域のニュース

<台風10号>30日に東北縦断の恐れ

 仙台管区気象台は28日、大型で非常に強い台風10号が30日から31日にかけて東北を縦断する可能性があるとして、暴風や土砂災害、河川の増水に警戒を呼び掛けた。東北に直接上陸すれば、統計を始めた1951年以来、初めてとなる。
 東北は29日から次第に風雨が強まり、30日午前から31日午後にかけて雷を伴う非常に激しい雨が降り、海上を中心に猛烈な風が吹く恐れがある。
 台風10号は28日午後9時現在、日本の南海上を時速約30キロで北東へ進んだ。中心気圧は940ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は45メートルで、最大瞬間風速は65メートル。中心の南東側150キロ以内と北西側110キロ以内は風速25メートル以上の暴風域となっている。
 仙台管区気象台は「これまでの台風で地盤が緩んでいる場所が多いので、土砂災害に警戒が必要」と話した。


関連ページ: 広域 社会

2016年08月29日月曜日


先頭に戻る