広域のニュース

<台風10号>東北に初の直接上陸の恐れ

傘を差して足元を気にしながら歩く人たち=29日午前9時30分ごろ、仙台市青葉区中央1丁目

 大型で非常に強い台風10号は29日、東京・八丈島の南海上を北寄りに進んだ。30日には進路を北西に変え、北海道や東北、関東に接近。強い勢力で暴風域を伴ったまま東北に上陸する恐れがある。仙台管区気象台によると、台風が太平洋側から東北に直接上陸すれば、1951年の統計開始以来、初めてとなる。管区気象台は東北、北海道を中心に大荒れの天候となる可能性があるとして、厳重な警戒を呼び掛けている。
 気象庁によると、台風10号は29日午前9時現在、八丈島の南南東約350キロを時速約25キロで進んだ。中心気圧は945ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は45メートルで最大瞬間風速は60メートル。中心の南東側150キロ以内と北西側110キロ以内では風速25メートル以上の暴風域となっている。
 29日は小笠原諸島で大しけに。北日本や東日本は30日未明から非常に強い風が吹き、さらに強まる見込み。
 管区気象台によると、東北は30日から31日にかけて非常に強い雨が降り、局地的に雷を伴って1時間に80ミリの猛烈な雨となる。
 台風接近に伴い仙台市内では29日、朝から雨模様となり、傘を差した市民が足元を気にしながら歩いた。
 30日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は、東北の太平洋側海上で35メートル(50メートル)、太平洋側陸上と日本海側海上で25メートル(35メートル)、日本海側陸上で20メートル(35メートル)。
 30日午前6時までの24時間予想雨量は、東北の太平洋側の多い所で150ミリ。31日午前6時までの24時間予想雨量は東北の多い所で300〜500ミリ。


関連ページ: 広域 社会

2016年08月29日月曜日


先頭に戻る