宮城のニュース

礒崎農水副大臣、復興状況を視察

 礒崎陽輔農水副大臣は29日、東日本大震災からの復旧、復興状況を確認するため、宮城県岩沼、仙台両市を訪れ、海岸防災林の造成地や農事組合法人の作業場などを視察した。
 岩沼市が造成中の「千年希望の丘」を訪問した後、仙台市若林区の農事組合法人「井土生産組合」に移動し、鈴木保則組合長から農地復旧や法人運営の現状について説明を受けた。
 礒崎氏は取材に対し、「復興は一定の成果が出ている。新しい経営形態で農業ができるよう、個別課題に対応する政策を展開していきたい」と話した。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2016年08月30日火曜日


先頭に戻る