青森のニュース

<青森中2死亡>スマホに「いじめ」記述

 青森県藤崎町で25日、青森市浪岡中2年の女子生徒(13)が列車にひかれて死亡した事故で、生徒が当日午前、スマートフォンのメモにいじめの存在を示唆する遺書を残していたことが29日、分かった。遺族は同日、学校を訪れ、いじめの有無などを調査するよう要請した。
 生徒の父親(38)と祖父(60)が取材に応じ、遺書には「ストレスでもう生きていけない。二度といじめたりしないでください」と書かれていたことを明らかにした。いじめたとされる生徒数人の名前なども書かれていた。家族と友人への感謝と謝罪の言葉も記されていた。
 父親らによると、昨年6月ごろから事実とは異なるうわさを流されるなど言葉によるいじめがあった。学校に相談し、収まっていた時期もあったという。
 父親は最近の生徒について「周囲に心配を掛けまいとする優しい子で、様子を聞いても『大丈夫』と言っていた」と説明。「暴力でなくても、言葉が人を苦しめて死なせてしまうということを分かってほしい。娘と同じ思いをする子を二度と出してはいけない」と心境を語った。
 成田一二三教育長は「若い命が失われ、悲しみに浸っている。今後は遺族に寄り添いながら支援していきたい」と話した。
 女子生徒は25日午前10時5分ごろ、藤崎町のJR奥羽線北常盤駅構内の線路で普通列車にはねられ死亡した。


関連ページ: 青森 社会

2016年08月30日火曜日


先頭に戻る