秋田のニュース

<秋田県知事選>佐竹氏、11月までに判断

 佐竹敬久秋田県知事は29日の定例会見で、来年4月に任期満了を迎える知事選に関して「10月か11月までに後援会の意見を集約した上で態度表明したい」と述べ、遅くとも11月をめどに3選に向けて立候補するかどうか判断する考えを示した。
 9月9日に開会する県議会定例会(9月議会)での態度表明は「どのような一般質問が出るかは不明だが、(立候補の)判断にもう少し時間をかけたい」と話し、見送る意向を示した。
 来春の知事選には、これまでのところ立候補を表明している人はいない。


関連ページ: 秋田 政治・行政

2016年08月30日火曜日


先頭に戻る