宮城のニュース

<仙台空港>デッキでカフェ 特産品PR

来場者の人気を集めた昨年の「そらカフェ」=2015年9月

 7月に完全民営化された仙台空港で9月18、19の両日、宮城県名取市の特産品などをPRする催し「うまいもん名取2016in仙台国際空港」(市観光物産協会主催)が開かれる。昨年に引き続き、展望デッキでは離着陸する航空機を眺められる「そらカフェ」がオープンする。
 催しは一昨年にスタートし、3回目。笹かまぼこなど名取市の食品が1日4回振る舞われるほか、アカガイ丼やはらこ飯、地酒などの展示販売も行われる。
 無料開放される展望デッキがそらカフェとなり、コーヒーやスイーツを楽しみながら、航空機の離着陸を見学することができる。名取市のマスコットキャラクター「カーナくん」も登場する。
 2日間とも午前10時〜午後6時。連絡先は市観光物産協会022(382)6526。


関連ページ: 宮城 経済

2016年08月31日水曜日


先頭に戻る