宮城のニュース

<台風10号>東北太平洋側 初の直接上陸

台風10号の影響で、激しく打ち寄せる高波=30日午後4時ごろ、石巻市雲雀野

 大型の台風10号は30日午後6時ごろ、暴風域を伴ったまま岩手県大船渡市付近に上陸した。台風はその後、強い勢力を保ちながら東北を縦断し、日本海に抜けた。広い範囲で非常に激しい雨となり、太平洋側の海上は猛烈なしけとなった。仙台管区気象台によると、東北の太平洋側に直接上陸するのは1951年の統計開始以来初めて。
 管区気象台によると、宮古で30日夕に80.0ミリの1時間雨量を記録し、地点の観測史上最大を更新した。降り始めから30日午後10時までの総雨量は青森市酸ケ湯248.5ミリ、岩手県久慈市下戸鎖278.5ミリ、岩手県岩泉248.0ミリ、岩手県宮古市刈屋226.5ミリ、宮城県丸森町筆甫195.0ミリ、仙台市泉ケ岳142.0ミリ、宮城県白石111.0ミリなど。
 各地の30日午後8時までの最大瞬間風速は宮古37.7メートル、岩手県遠野31.1メートル、宮城県石巻30.9メートル、宮城県女川27.0メートル、宮城県気仙沼と宮城県丸森26.3メートルなど。
 気象庁によると、台風10号は31日午前0時ごろ、温帯低気圧に変わった。
 管区気象台によると、東北の海上では、北部を中心に31日昼前にかけて大しけとなる。
 これまでの雨で地盤の緩んでいる所や増水している河川があることから、管区気象台は崖崩れや河川の氾濫などの恐れがあるとして、引き続き警戒を呼び掛けている。
 台風10号は八丈島近海で発生し、いったん沖縄・南大東島の南海上まで進んだが、高気圧などの影響で反転する異例のコースをたどり、30日午後6時ごろ上陸した。


関連ページ: 宮城 社会

2016年08月31日水曜日


先頭に戻る