宮城のニュース

<わたり温泉鳥の海>名物「はらこ飯」今年も

「わたり温泉鳥の海」が期間限定で提供する「はらこ飯」

 東日本大震災で被災した影響で休止している宮城県亘理町荒浜の町営温泉施設「わたり温泉鳥の海」のレストランが9月3日、期間限定で営業を再開する。町を代表する秋の郷土料理「はらこ飯」を提供し、復興途上の荒浜地区への誘客を図る。
 震災後、レストラン再開は昨秋に続き2度目。昨年は町直営で営業し、今年は飲食店などを展開する町内のモリプレゼンスが運営する。はらこ飯と小鉢などがセットになった定食を1620円で販売する。
 施設は現在、日帰り入浴のみ営業している。レストランは鉄筋5階の施設の4階にあり、スペースは100席分。大きな窓から景勝地・鳥の海や太平洋が一望できる。町の担当者は「温泉と旬の味を楽しんでいただきたい」と話している。
 今年の営業は12月11日まで。営業時間は午前10時半〜午後3時。定休日は温泉と同じ毎月第3水曜。連絡先はわたり温泉鳥の海0223(35)2744。


関連ページ: 宮城 社会

2016年08月31日水曜日


先頭に戻る