宮城のニュース

書籍共有、Wi−Fi完備…仙台に勉強カフェ

個別のブースやラウンジを備えた「勉強カフェ」仙台一番町スタジオ

 資格取得に向けた学習やビジネス交流の場などを提供する会員制スペース「勉強カフェ」が9月1日、仙台市青葉区一番町2丁目にオープンする。首都圏を中心に事業を展開するブックマークス(東京)が東北に初めて進出。セミナー開催などを通じ、会員のキャリアアップを後押しする。
 商店街のビル7階に設けたカフェにはスタッフが常駐し、個別ブースを26席設置。全室に無線LANサービスのWi−Fi(ワイファイ)を備え、女性専用化粧室も用意した。ビル内にあるラウンジやセミナールーム、テレビ付き会議室も利用できる。
 利用者が書籍を共有できるサービスのほか、各種ビジネスセミナーも企画。同じ目標に向かって勉強したり、起業を目指したりする会員同士のマッチングもサポートする。カフェでの出会いを通じて新規事業を橋渡しした例もあるという。
 開業前から既に50人以上が会員登録を済ませた。企業が集積している仙台への進出について、山村宙史(ひろし)代表は「異業種が接点を持つ場として、新たなビジネスチャンスにつなげてほしい」と期待する。
 利用料金は月1万1750円。会員以外は1時間500円。利用時間は午前10時〜午後11時(土曜日は午後9時、日曜・祝日は午後8時)。連絡先は勉強カフェ仙台一番町スタジオ022(797)2442。


関連ページ: 宮城 社会

2016年08月31日水曜日


先頭に戻る