宮城のニュース

<瀬戸内寂聴>改憲是非問う 9月上映会

瀬戸内寂聴さん

 憲法改正の是非を問うドキュメンタリー映画「不思議なクニの憲法」(松井久子監督)の上映会が9月22日、仙台市宮城野区文化センターで開かれる。
 作家の瀬戸内寂聴さん、長谷部恭男早大教授、自民党憲法改正推進本部長代行の船田元衆院議員らが出演。自衛隊員の母、フリーターら市民のインタビューも含め、合計25人以上が憲法に対する考えを述べる。
 戦争放棄を掲げる9条や、安倍政権が憲法解釈を変更して成立させた安全保障関連法の賛否について意見が交わされる。憲法制定の過程、男女平等、生存権の保障にも焦点を当てた。
 主催する社会福祉法人つどいの家(若林区)の下郡山和子理事長は、7月の参院選で与党が勝利し、改憲が政治日程に上り始めていると指摘。「多様な意見を見聞きし、憲法を考えるきっかけに」と呼び掛ける。
 上映は午後7時15分から。前売り券1000円(当日券1200円)。連絡先は太白区のつどいの家・アプリ022(743)1882。


関連ページ: 宮城 社会

2016年08月31日水曜日


先頭に戻る