岩手のニュース

<台風10号>川氾濫 岩手で11人死亡

台風10号の通過後、9人の遺体が確認された岩手県岩泉町の高齢者グループホーム「楽ん楽ん」(左上の平屋の建物)=31日午後0時10分ごろ

 台風10号の暴風雨による浸水被害を受けた岩手県岩泉町で31日午前、岩手県警が高齢者グループホーム内で入所者9人の遺体を発見した。ほかに同町と久慈市で計2人の遺体が見つかり、台風被害に伴う死者は東北では11人となっている。
 県警などによると、9人が入所していたのは同町乙茂上の高齢者グループホーム「楽(ら)ん楽(ら)ん」。年齢や性別は分かっておらず、県警が身元の確認を急いでいる。大雨で近くを流れる小本川が増水し、施設に水が流れ込んだとみられる。
 同地区は小本川の増水により広範囲で浸水。30日夜、「楽ん楽ん」に隣接する老人福祉施設「フレンドリー岩泉」が2階まで浸水し、入所者や職員86人が3階に避難し救助を要請。駆け付けた警察官らが平屋の「楽ん楽ん」を確認したところ、遺体を発見した。
 「フレンドリー岩泉」の入所者らは全員が県内の病院などにヘリコプターで搬送された。
 県警はほかに、同町小川地区の小本川河川敷で男性1人の遺体を発見。久慈市山根町では、浸水した住宅から高齢女性1人が遺体で見つかった。
 台風10号は31日午前0時に温帯低気圧に変わったが、交通機関などへの影響が続いた。
 JR東日本盛岡支社によると、31日は釜石線、八戸線、山田線の各上下線が終日運転を見合わせる。大船渡線は上下線計7本、花輪線は1本が運休した。三陸鉄道北リアス線は線路内への倒木などで始発から運転を見合わせている。
 NTT東日本岩手支店によると31日午前9時現在、宮古市、岩泉町など岩手県内11市町村で計約4750回線の電話が不通となった。
 東北電力によると、30日から東北6県で延べ9万4125戸で停電が発生。31日午前11時現在も、岩手県2万2464戸など青森県との2県で計2万5922戸が停電している。
 今回の台風で岩手県内に大きな被害が出たのを受け、仙台市消防局は31日午後、特に被害が甚大な同県岩泉町や久慈市に応援の隊員11人を派遣する。うち6人は被災現場での指揮支援、5人がヘリコプターによる情報収集や孤立者の救助に当たる予定。


関連ページ: 岩手 社会

2016年08月31日水曜日


先頭に戻る