宮城のニュース

<楽天>塩見5回3失点 仲間に感謝

日本ハム戦に先発した東北楽天・塩見

 東北楽天の先発塩見貴洋は投球フォームのバランスに苦しみながら5回3失点で7勝目。「野手にいっぱい点を取ってもらったし、五回で降りてしまい救援陣に申し訳ない」と仲間への感謝を口にした。
 三回には2適時打を浴びるなどで3点を失ったが、後は無失点でしのいだ。4点リードの五回、無死二塁のピンチを迎えたが、大谷翔平(岩手・花巻東高出)、中田翔を連続三振に仕留め、最後は田中賢介を内野ゴロに。「あそこで点を取られたら相手が勢いづいた。ゼロに抑えられて良かった」とほっとした表情で振り返った。
 試合後は「クライマックスシリーズのチャンスはまだまだあるので、そこを目指して頑張りたい」と次戦を見据えた。


2016年09月01日木曜日


先頭に戻る