青森のニュース

<台風10号>25万人に避難勧告 青森

 30日夜に台風10号が通過した青森県内では、強風や大雨の影響で倒木や道路の冠水が相次いだ。収穫前のリンゴなどの落果も散見されたが、被害は限定的とみられる。
 避難勧告は八戸市全域など9市町村で計11万8144世帯25万7117人を対象に発令された。避難準備情報は青森市全域など17市町村で出され、27市町村で最大1287人が避難した。
 県災害警戒対策本部によると、けが人は自宅の屋根から転落して骨折した八戸市の60代男性、風で転倒するなどした八戸市の40代女性と十和田市の50代男性の3人。住宅への被害は、屋根がはがれる一部損壊や床下浸水などがあり、市町村が調査している。
 青森市では30日午後9時すぎ、中心部に近い駒込川の水が堤防を越えた。駒込桐ノ沢地区25世帯63人に避難勧告が出され、消防などがマイクロバスで住民らを一時避難させた。現場付近に住む女性介護士(38)は「道路の水が膝くらいの高さまであった。初めての経験で、恐怖を感じた」と話した。
 このほか、青い森鉄道やJR大湊線、八戸線などで運休が相次ぎ、道路の通行止めも多数発生した。


関連ページ: 青森 社会

2016年09月01日木曜日


先頭に戻る