広域のニュース

<台風10号>東北各県 岩手へ支援隊

 台風10号による被害が甚大な岩手県に向け、東北他県から緊急救助隊の派遣など支援の動きが31日、加速した。消防庁や岩手県公安委員会の要請などを受けた措置。現地で人命救助や情報収集に当たる。
 青森県は県内全11消防本部で編成した青森県大隊を同日午後、久慈市に出動させた。県大隊は計35隊129人で、人命救助が中心となる見込み。
 各県警は広域緊急援助隊などを派遣。秋田は22人を、山形は29人をそれぞれ岩泉町に派遣した。両県警はヘリも出動させ、上空からの捜索や被害状況の把握といった活動を始めた。写真や映像などの撮影も行い、岩手県警に提供する。
 秋田、福島両県も消防防災ヘリを出動させた。秋田県のヘリは、いわて花巻空港を拠点に岩泉町で物資輸送や救助を行った。1日も作業を行う。
 国土交通省能代河川国道事務所は、照明車1台を岩泉町に派遣した。


関連ページ: 広域 社会

2016年09月01日木曜日


先頭に戻る