宮城のニュース

英語で寸劇やスピーチ 2高校が学習成果披露

強盗事件を題材にした英語の寸劇を披露する生徒

 泉高(仙台市泉区)と仙台東高(若林区)の英語科で学ぶ生徒約200人の合同発表会が8月29日、泉区のイズミティ21であった。
 英語によるスピーチや生徒が台本をつくった寸劇など五つの部門で学習の成果を発表。授業中のタブレット端末使用についてのディベートもあり、「将来に不可欠な技術」「高すぎて利用が難しい」などの意見を英語で披露し合った。
 泉高2年の中村俊介さん(16)=富谷町=は「ディベートで、英語を使った柔軟な受け答えなどがとても勉強になった」と話した。


関連ページ: 宮城 社会

2016年09月03日土曜日


先頭に戻る