宮城のニュース

<楽天>美馬沈む 痛恨の5回「全て失った」

5回、日本ハム・中田(右)に3ランを浴び、天を仰ぐ東北楽天・美馬

 4本塁打で大勝した前夜の意趣返しを受けるように、東北楽天の先発美馬学が日本ハムの一発攻勢に沈んだ。七回途中までに3本塁打を浴びるなどして6失点。今季初のリーグ戦同一カード3連勝をまたも逃し、3位ロッテとのゲーム差も7.5に開いた。
 「もったいない。あそこで全てを失った」。四回まで無失点に粘った美馬にとって痛恨の五回だった。近藤健介の適時打で先制された後、1死一、三塁から大谷翔平(岩手・花巻東高出)を力のある直球で見逃し三振に仕留めた。ここで安心したのか、続く中田翔への初球が命取りとなった。
 カーブが甘く入り、左翼席中段まで運ばれる3ランで一気に0−4。「いつも中田に打たれているのに、軽い感じで入ってしまった」。過去5年、対戦打率4割3分超と相性の悪い中田に、ここぞの場面で一発を許した。六回にはレアード、七回にも再び中田にソロを浴びて勝敗が決した。
 前夜までの2戦を6本塁打の空中戦で制しただけに、梨田昌孝監督も長打の脅威は身に染みている。「この(狭い)球場だし、向こうも本塁打を打てる打者がそろっている。配球とコースに気を付ければ、そんなに打たれることはないんだけど」と一方的な展開を許したバッテリーに苦言を呈していた。(浦響子)


2016年09月02日金曜日


先頭に戻る