宮城のニュース

狩野英孝さん実家 台風で拝殿屋根大破

台風10号による倒木で被害が出た桜田山神社の拝殿=1日午前9時30分ごろ、栗原市栗駒

 宮城県栗原市栗駒の桜田山神社でカラマツの巨木が市指定文化財の拝殿に倒れ、衝撃で屋根を大破させていたことが分かった。台風10号の風で倒れたとみられる。31日、近所の住民によって確認された。市教委は今後の対応を協議する。
 桜田山神社は約1500年前の創建と伝えられ、拝殿は藩制時代に建造されたとみられる。カラマツは幹周りが約4メートルで、高さは約25メートル。根元付近がねじれ曲がって折れ、近くに立つ樹齢800年とされるサクラを倒した後で拝殿の屋根にぶつかった。屋根には大きな穴が開き、ひさしは折れ曲がった。幹の内部には空洞の部分があった。
 神社を管理する狩野千代子さん(62)は、大型で非常に強い台風10号の東北接近を避けて8月28日から上京していた。連絡を受けて31日夕帰宅し、被害を確認した。
 狩野さんは「幹が太くてがっしりとした木だったので、倒れるとは思ってもみなかった。サクラは神社のシンボルで、地域の人は花が咲くのを楽しみにしていた。来春は残った枝だけでも花を咲かせてほしい」と肩を落とした。
 桜田山神社はタレント狩野英孝さんの実家で、2012年に亡くなった千代子さんの夫が38代目の宮司を務めていた。週末は観光客が多いため、倒木は至急撤去するという。


関連ページ: 宮城 社会

2016年09月02日金曜日


先頭に戻る