秋田のニュース

<クマ出没>秋田県が警報初発令 年末まで

 秋田県は1日、クマの目撃や人が被害に遭った事故が相次いでいることを受けて、「ツキノワグマ出没に関する警報」を県内全域に発令した。期間は12月末まで。
 8月26日に県、市町村、猟友会などによるツキノワグマ被害防止連絡会議が発足し、警報発令制度の導入が決まったことによるもので、発令は今回が初めて。
 県内では、5〜6月に鹿角市十和田大湯の山林でクマに襲われたとみられる男女4人が死亡。8月31日には、鹿角市と秋田市で男性2人がけがをする事故があった。


関連ページ: 秋田 政治・行政

2016年09月02日金曜日


先頭に戻る