宮城のニュース

酒気帯び運転など、元陸曹長に罰金命令

 仙台簡裁は2日までに、自動車運転処罰法違反(過失致傷)と酒気帯び運転の罪で、陸上自衛隊仙台駐屯地東北方面特科隊(仙台市)の元陸曹長(53)=富谷町=に罰金50万円の略式命令を出した。仙台区検が略式起訴していた。命令によると、1月22日夜、仙台市泉区南光台東3丁目の国道4号で、酒気を帯びた状態で軽乗用車を運転。泉区のパート女性(78)の軽乗用車に追突し、女性に軽いけがをさせた。元陸曹長は2月、依願退職した。


関連ページ: 宮城 社会

2016年09月03日土曜日


先頭に戻る