宮城のニュース

<楽天>先発則本 7回6失点

 東北楽天は競り負け、ソフトバンク戦の負け越しが決定した。3点差を追い付いた直後の九回、3番手松井裕が2死一、三塁から松田に決勝の2点三塁打を浴びた。先発則本は7回6失点。打線は前半に茂木のソロと中川の2ランで2度リード、終盤にも追い付く粘りを見せたが、一歩及ばなかった。
 ソフトバンクはマジック「20」が点灯した。

 東北楽天−ソフトバンク20回戦(ソフトバンク13勝6敗1分け、18時、楽天Koboスタジアム宮城、17,554人)
ソフトバンク000202202=8
東北楽天  100200030=6
(勝)スアレス49試合2勝5敗1S
(S)サファテ57試合7敗39S
(敗)松井裕52試合1勝4敗28S
(本)茂木3号(1)(和田)=1回、中川1号(2)(和田)=4回

☆梨田の話ダ
<今日が一番…>
 「前回、前々回よりも直球が走らず、見ていてもう一つという印象。今日が最近の中で状態が一番悪かった」(7回6失点の先発則本に)

☆イヌワシろっかーるーむ
<茂木栄五郎内野手(一回に和田から左翼ポール際へ先制ソロ)。
 「和田さんのカーブをあそこまで運べたのは収穫。次は直球を打てるようにしたい」
 
<与田剛投手コーチ(2四球が絡み2失点した松井裕に)>
 「これまでは四球を出しても抑えていた。打たれてしまえば、四球のせいとなるし、相手打者が上ということになる。そういう世界だから仕方がない」

<アマダー、左脇腹を痛め交代>
 東北楽天のアマダー内野手が2日のソフトバンク戦(コボスタ宮城)の八回第4打席でスイングした際に左脇腹を痛め、安打で出塁した後に代走を送られ途中交代した。3日に出場選手登録を抹消される見通しで、代わってペレス外野手が昇格する見込み。


2016年09月03日土曜日


先頭に戻る