宮城のニュース

<楽天>台風10号被災地へ募金活動を開始

募金活動を行う梨田監督(中央)ら=2016年9月3日、コボスタ宮城

 ◆…東北楽天は3日、台風10号豪雨の被害を受けた岩手県や北海道への募金活動を始めた。15日まで仙台市のコボスタ宮城である公式戦11試合の前に行う。
 3日は梨田昌孝監督と則本昂大、美馬学ら5投手が、来場したファンへ協力を呼び掛けた。寄せられた善意は楽天グループのインターネット募金「楽天クラッチ募金」を通じて、被災自治体に送る。
 梨田監督は「ニュースで見たが、ひどい状況で残念。少しでもお手伝いできる事があれば」と話した。大きな被害のあった岩手県北出身で、選手会長の銀次内野手は「東北人の優しい気持ちと強い心で支え合っていきましょう」と、けがで2軍調整中ながらコメントを寄せた。


2016年09月04日日曜日


先頭に戻る