福島のニュース

<福島立てこもり>容疑の男 現行犯逮捕

 3日午前11時25分ごろ、福島市瀬上町四斗蒔(しとまき)のアパート2階の一室で、刃物を持った男がこの部屋に住む20代の会社員女性を監禁した。福島県警は女性を解放するよう説得を続けていたが、同日午後7時5分ごろ、捜査員が窓などを破って部屋に突入、監禁容疑などで男を現行犯逮捕した。けが人はなかった。
 逮捕されたのは伊達市保原町、会社員関根正義容疑者(23)。逮捕容疑は女性宅に侵入し、約7時間半にわたって室内に監禁した疑い。女性は関根容疑者の知人とみられ、県警が動機などを調べている。
 捜査関係者などによると、女性はこの日、アパートから引っ越す予定だった。女性が親族と2人で部屋にいたところ、関根容疑者が侵入。部屋の外に逃れた親族が引っ越し業者を通じて110番した。
 現場は阿武隈急行「福島学院前駅」から北東に約500メートルの住宅街。国道4号沿いで付近にはホームセンターや銀行の支店などがある。
 近所に住む40代の女性は「事件に気付いてから自宅で解決を待っていた。普段は静かな住宅街でこんなことが起きるなんて驚いている」と話した。


関連ページ: 福島 社会

2016年09月04日日曜日


先頭に戻る