宮城のニュース

<あかね食堂>高齢者や介護者おいしく交流

食を通じて交流を育む月1回開催の「あかね食堂」

 高齢者向け配食サービスや訪問介護などを手掛ける仙台市若林区遠見塚の認定NPO法人「あかねグループ」が、事務所1階の軽食喫茶店「あかねサロン」で月1回、予約制のランチ企画を始めた。

 「あかね食堂」と銘打ち、自宅にこもりがちなお年寄りや介護に携わる家族に栄養バランスの取れた安価な食事と語らいの場を提供。リフレッシュしてもらうのが狙いだ。
 8月末の初回は、十穀ご飯、サケの南蛮漬け、卵豆腐、おひたしなどを盛り付けたワンプレートランチを10人が楽しんだ。友人と訪ねた若林区の主婦小林隆子さん(78)は「種類が豊富でおいしい。おしゃべりしたら気が紛れた」と笑顔で話した。
 あかねサロンは15年ほど前から営業を続けているが、利用が伸び悩んでいた。スタッフの原美香さん(53)は「食堂の企画をきっかけにサロンを知ってもらい、ゆったりと過ごせる地域の居場所として根付かせたい」と期待する。
 食堂の開催は15日と10月20日、11月17日、12月15日の午前11時半〜午後1時半。食事代は300円。前日午後3時までに予約が必要で先着10人。連絡先はあかねグループ022(285)0945。


関連ページ: 宮城 社会

2016年09月05日月曜日


先頭に戻る