宮城のニュース

働く車28台大集合 児童ら試乗体験

高所作業車の作業台に試乗する児童

 特殊車両に親しんでもらう栗原市栗駒小2学年PTA行事「働くクルマ大集合」が3日、同市栗駒の建設会社事業所で行われた。
 建設会社や若柳署、陸上自衛隊など13の団体が高所作業車やパトカー、人員輸送車など28台を展示。参加児童や保護者ら130人が、運転席に座ってハンドルを握るなどして楽しいひとときを過ごした。12メートルの高さまで上ることができる高所作業車の作業台試乗は人気で、子どもたちが列を作って順番待ちをしていた。
 企画した建設会社社長阿部庸さん(52)は「関係機関や地元企業の協力をもらって学習イベントを開くことができた。皆に喜んでもらえたと思う」と話した。


関連ページ: 宮城 社会

2016年09月06日火曜日


先頭に戻る