宮城のニュース

<石巻港>「美の女神」寄港 住民ら船内見学

寄港した「ぱしふぃっくびいなす」

 日本クルーズ客船(大阪市)の大型客船「ぱしふぃっくびいなす」(2万6594トン)が1日、石巻市の石巻港に寄港し、地元住民約80人が船内を見学した。
 参加者は乗務員の案内で、長い船旅を快適に過ごすスポーツジムや生演奏を楽しめるホールなどを見て回った。石巻市の会社員阿部正明さん(56)は「客船に入るのは初めて。吹き抜けのエントランスが豪華で、映画の世界の中にいるようだった」と話した。
 港では歓迎イベントがあり、石巻、東松島両市と女川、松島両町がブースを設けて乗客に特産品などを販売した。
 同船の寄港は今年2度目。神戸を8月30日に出港して全国を回り、今月28日に横浜に到着する予定。


関連ページ: 宮城 社会

2016年09月06日火曜日


先頭に戻る