宮城のニュース

<楽天>辛島2勝目 5カ月ぶり白星

7回を無失点に抑え今季2勝目を挙げた東北楽天先発の辛島

 7回無失点と好投した辛島航が5カ月ぶりとなる2勝目を挙げた。7月下旬に左肩痛から復帰後7戦目で初の白星。「長かった。勝てて良かった」。お立ち台で、勝利の味をかみしめた。
 緩急を使いながら内外角を丁寧に攻め、強力打線を単打3本に抑えた。「ちょっとタイミングを外し、崩れたスイングにできた。早めに追い込めたのも良かった」と振り返った。
 唯一のピンチは四回。2死から四球と安打で一、二塁を招いたが、松田宣浩を空振り三振に仕留めた。フルカウントから決め球のチェンジアップではなく、高め直球を「思い切って投げた。大きな一球になった」。
 8月28日のオリックス戦は四回途中5失点でKOされていた。梨田昌孝監督は「前回はふがいない投球で救援陣に迷惑を掛けたが、この1週間で修正してくれた。能力の高い投手だからね」と反省を生かした左腕をねぎらった。(佐藤理史)


2016年09月05日月曜日


先頭に戻る