宮城のニュース

<楽天>連敗ストップ

9回に登板して三者凡退に抑え、捕手嶋基宏(右)と握手する東北楽天の松井裕

 東北楽天は投打がかみ合い、連敗を3で止めた。一回に中川大志の満塁弾で4点先取。七回には今江敏晃の適時打で5点目を追加した。先発辛島航は7回3安打無失点と三塁を踏ませない好投で2勝目。八回以降は福山博之、松井裕樹が反撃をしのいだ。
 ソフトバンクは先発山田大樹が二回途中4失点に終わったのが誤算だった。

 東北楽天−ソフトバンク22回戦(ソフトバンク14勝7敗1分け、13時、楽天Koboスタジアム宮城、23,828人)
ソフトバンク000000010=1
東北楽天  40000010×=5
(勝)辛島10試合2勝5敗
(敗)山田4試合1勝1敗
(本)中川2号(4)(山田)=1回

☆イヌワシろっかーるーむ
<池山隆寛打撃コーチ(一回に満塁弾を放った中川に)>
 「(ヤクルトの)バレンティンくらいのパワーがある選手。この一発が彼にとって自信になってくれればいい」

<与田剛投手コーチ(好投の辛島に)>
 「前回と違い、試合の中で修正できた。打者の反応を見ると、ボールが手元で伸びているようだった。イニング間のキャッチボール相手を務めた岡島が絶えず声を掛けて、気持ちを盛り上げてくれたのも大きかった」

☆梨田の話ダ
<4点取れちゃった>
 「大量点を狙いにいって4点取れちゃった」(中川の先制満塁弾に驚きの表情で)


2016年09月05日月曜日


先頭に戻る