宮城のニュース

<高校相撲>大曲農が初優勝

 第18回全奥羽招待高校相撲鳴子大会(鳴子温泉相撲協会など主催)が4日、大崎市鳴子温泉の鳴子温泉神社常設相撲場であった。団体は大曲農B(秋田)が決勝で盛岡農A(岩手)を破り初優勝した。個人は工藤晟(せい)(山形・加茂水産)が制した。
 大会には青森を除く東北5県の13校から56人が出場。団体戦は1チーム3人制で、12校20チームが予選リーグと決勝トーナメントで優勝を争った=写真=。
 会場が、最終日を迎えた全国こけし祭りのメイン会場と隣接することもあり、土俵の周りには保護者や学校関係者のほか多くの観客も集まり、土俵際の攻防戦に声援を送った。
 成績は次の通り。

 【団体】(1)大曲農B(2)盛岡農A(3)小牛田農林C(宮城)
 【個人】(1)工藤晟(2)佐々木(福島・学法福島)(3)寺沢(同)(3)庄司(大曲農)


2016年09月05日月曜日


先頭に戻る