宮城のニュース

<政活費問題>知事「議長の気持ち代弁」

 村井嘉浩宮城県知事は5日の定例記者会見で、県議会の自民党・県民会議と中山耕一議長の政務活動費(政活費)問題について「不正支出の事実はなく問題ない」とした3日の発言を巡り、「中山議長の気持ちを代弁した」と強調した。

 村井知事は3日、富谷町であった中山氏の県政報告会に出席し、仙台市民オンブズマンからの住民監査請求などを取り上げ、違法性を否定。村井知事は「一切を公の立場で話すわけではない。後援会の私的な集まりで発言した」と話した。
 新潟県の泉田裕彦知事が地元紙の報道を理由に4選出馬を撤回したことについては「権力の監視はマスコミの使命だが、自らが正しいと思うことを報じてくれないという不満は同情する。間違っていると思えば、記者会見の場で主義主張をすべきだ」と述べた。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2016年09月06日火曜日


先頭に戻る