宮城のニュース

<サンマ>気仙沼から出発、全国へ

新鮮なサンマを全国に届ける「さんまゆうパック」の出発式=2016年9月5日午後0時15分ごろ、宮城県気仙沼市港町の物産販売店「気仙沼お魚いちば」

 秋の味覚のサンマを全国に届ける「さんまゆうパック」の出発式が5日、宮城県気仙沼市港町の気仙沼お魚いちばであった。昨年は記録的な不漁で取り扱いが予定より約1カ月早く終わり、関係者は巻き返しを誓った。
 第1便のトラックには10〜20匹ほどが入った500箱が積み込まれた。気仙沼郵便局と提携する阿部長商店(気仙沼市)の阿部泰浩社長が「新鮮なサンマを待つ人々に応え、昨年の不振を挽回したい」とあいさつし、関係者がテープカットをして出発を見送った。
 同郵便局によると、予約は8月1日に開始。既に約9000箱の申し込みがある。例年160グラム以上の大サイズを10〜20匹セットで販売してきたが、昨年小ぶりが多かったため今年は総重量(900グラム〜3キロ)を単位に発送する。取扱期間は10月末まで。前年より1万1000箱多い3万箱の出荷を目指す。


関連ページ: 宮城 経済

2016年09月06日火曜日


先頭に戻る