宮城のニュース

<サンマ>女川魚市場に到着 秋本番

初水揚げされ銀色に輝くサンマ=2016年9月5日午前5時30分ごろ、宮城県女川町の女川魚市場

 宮城県女川町の女川魚市場に5日、今季初めてサンマが水揚げされた。1日に運用を始めたばかりの中央荷さばき場で初入札が行われ、市場は一段と活気づいた。
 富山県魚津市の第68善龍丸(199トン)が北海道沖合で捕獲した約77トンを水揚げ。乗組員(60)は「10年以上、女川に水揚げしている。女川のサンマブランドがより広く認知されてほしい」と話した。サイズは140グラム以上の中型や大型が中心で、1キロ当たり500〜680円で取引された。
 女川魚市場は全国有数のサンマ水揚げを誇る。加藤実専務は「不漁だった昨年と比べ脂の乗りや鮮度がいい。高度衛生管理対応の中央荷さばき場が完成したこともあり、今年は大いに期待したい」と語った。


関連ページ: 宮城 経済

2016年09月06日火曜日


先頭に戻る