岩手のニュース

<岩手国体>鈴木スポーツ庁長官視察

 スポーツ庁の鈴木大地長官が5日、いわて国体の水球が行われている盛岡市立総合プールを訪れた。6日は釜石市で開かれるオープンウオーターを視察する予定で、「東日本大震災の被災地で開催できてうれしい。甚大な被害があった釜石での開催には格別の感慨を持つ」と語った。
 岩手県岩泉町などを襲った台風10号の豪雨被害について「お見舞い申し上げる。国体を契機に元気を取り戻していただけるような大会にしたい」と述べた。軟式野球の会場の一つに予定された岩泉町の野球場に被害が出ているが、「代替会場を押さえられると聞いており、滞りなく競技運営できることを願う」と見通しを示した。


2016年09月06日火曜日


先頭に戻る