秋田のニュース

「豊かな海づくり大会」19年は秋田で開催へ

 秋田県の佐竹敬久知事は5日の定例記者会見で、「第39回全国豊かな海づくり大会」を2019年に県内で開催すると発表した。
 同年9月か10月に2日間開催し、男鹿半島に北限の産卵場があるトラフグや、マダイ、ヒラメの放流行事のほか、日本一の漁獲高を誇るハタハタの加工品などを全国に紹介する予定。
 同大会は水産資源の保護や管理、海の環境保全への理解を深めることを目的に1981年から毎年開催されている。今年は今月10、11日に山形県で第36回が開催される。東北ではこれまで青森、岩手、福島3県で開かれてきた。
 大会には天皇、皇后両陛下が出席されてきたため、秋田大会への両陛下の出席に関して質問が出た。佐竹知事は天皇陛下が8月に生前退位のお気持ちを示したことを踏まえ、「天皇、皇后両陛下がおいでになった行事だが、19年度のことなので(おいでになるかどうか)分かりません」と心情など明言を避けた。


関連ページ: 秋田 政治・行政

2016年09月06日火曜日


先頭に戻る