宮城のニュース

<楽天>ペレス 2点二塁打

7回東北楽天2死一、二塁、ペレスが中越えに2点適時二塁打を放つ

 東北楽天が逆転勝ちで2連勝。1点を追う七回、2死満塁から中川大志の2点中前打で逆転すると、続くペレスの2点二塁打で7−4とし、一気に突き放した。先発菊池保則は5回3失点。八回以降はミコライオ、松井裕樹が西武の反撃をしのいだ。
 西武は再三リードする展開も、七回に登板した武隈祥太、牧田和久が計4失点と継投に失敗した。

 東北楽天−西武21回戦(楽天12勝8敗1分け、18時、楽天Koboスタジアム宮城、16,951人)
西  武020010100=4
東北楽天00021040×=7
(勝)福山59試合4勝4敗
(S)松井裕54試合1勝4敗29S
(敗)武隈57試合5勝3敗
(本)坂田3号(1)(菊池)=2回、茂木4号(1)(高橋光)=5回

☆イヌワシろっかーるーむ
<菊池保則投手(5回3失点で勝ち負け付かず)>
 「追い込んでから勝負球が甘くなった。本塁打はしょうがないとしても、その後の失点がもったいない。強い直球を安定して投げられるように調整したい」

☆梨田の話ダ
<慣れました>
 「最後はハラハラさせられた。九回は一発で同点の場面だったからね。でもあれがないと彼らしくないし、慣れました」(九回ピンチを背負った松井裕について)


2016年09月07日水曜日


先頭に戻る