広域のニュース

アジア5カ国で東北観光フリーマガジン発行

海外向けに発行する東北の観光情報のフリーマガジン

 東北6県と新潟県の官民でつくる東北観光推進機構は6日、アジア5カ国を対象に東北の観光情報を発信するフリーマガジン「WAttention TOHOKU(ワテンション トウホク)」を発行すると発表した。春夏、秋冬号の年2回発行で、7県の自然や史跡、郷土料理などを紹介。外国人記者が分かりやすく解説するのが特徴だ。
 第1号はシンガポール版の秋冬号でA4判、カラー16ページ。蔵王(山形市)の樹氷や松川温泉(八幡平市)、秋田県のきりたんぽ鍋などを外国人記者が取材し、特徴や由来などを簡単な英語で説明している。テーマごとに東北の広域的な周遊ルートを掲載した。
 5000部を印刷し、1500部は8月にシンガポールであった旅行博で配布。残りは現地のスーパーやカフェ、旅行会社などに配っている。
 他にマレーシア、タイ、インドネシア、台湾にも約5000部ずつを順次配布する予定で、来年2月には春夏号も発行する。
 WAttentionは、海外向けメディア事業を展開する和テンション(東京)が世界11カ国で発行するフリーマガジンで、毎回テーマに応じた日本の観光情報を掲載。一つの地域に特化して、海外で定期的に発行するのは東北が初。
 東北観光推進機構の紺野純一専務理事は「従来の観光パンフレットは日本語を直訳したものが多く、分かりにくかった。外国人の視点で東北の魅力を伝え、興味を持ってもらうきっかけにしたい」と話している。


関連ページ: 広域 経済

2016年09月07日水曜日


先頭に戻る